相続安心パック 相続前でお悩みの方

相続はいつ起こるのかがわかりません。

相続対策は早めに始めれれば、その分効果が期待できます。
転ばぬ先の杖として、今できることから始めましょう。

相続税対策のポイント

Point.01 節税対策

節税には大きく2通りの方法があります。
1つは「贈与」、もう1つは「財産評価を下げる方法」です。
財産の贈与をすると贈与税がかかりますが、工夫することで相続税よりも安く済ませることができます。
一方、「財産評価を下げる方法」には、小規模宅地等の特例を適用できるように工夫して評価額を安くする方法などがあります。

Point.02 分割対策

相続対策で気をつけなければならない点は、親族間での相続争いを防ぐことです。
相続をキッカケに兄弟姉妹間で相続争いが起き、親戚付き合いもなくなってしまったというケースや、相続人関係が複雑で話合いがしにくいケースがあります。
このようなことがないように、まず、自分の財産をどのように分けたいのかを「遺言書」にして残しておくことで、相続争いは避けることができるのです。
さらに、財産を分けやすくする方法もあります。土地を1人で使いすぎない、あえて建物を建てない土地を残しておく等が考えられます。

Point.03 納税対策

忘れてならないのが納税資金の確保です。相続税額は下げることができたけれども相続税を納付する資金がないのでは本末転倒です。
財産が自宅のみの場合などは、納税資金の確保ができなければ自宅を売って納税することになってしまいます。
対策方法としては、例えば物納用の土地を残す、会社からもらう死亡退職金を使う等の財源対策が重要になります。
また、生命保険金には非課税額があるので、うまく使えば納税資金の確保だけでなく節税にも効果的です。


遺言

遺言により、誰にどの財産を相続させるかを特定すること、事業を相続人にスムーズに承継することも生前対策として重要な事項です。相続の生前対策は直前でも効果があるものから、ある程度年数をかけなければ効果のないものもあります。生前対策は行って無駄なものではありません。後悔しないためにも興味がございましたら一度ご相談してください。
ここでは、その代表格である遺言についてご紹介します。

遺言は遺言者の死亡によって、その時から効力が生じます。相手方の承諾などは不要です。
遺言にはいくつかの種類があります。みなさまの状況に合わせて、最適な方式を選択する必要があります。

【普通方式】

  • 自筆証書遺言 家庭裁判所の検認が必要
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

【特別方式】


ご相談はお気軽にどうぞ!

どんな些細なご相談でもお客様にとっては大切なことです。
最初のご相談は無料でさせていただいておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

大阪:06-6456-0070 神戸:078-392-3800


Copyright(c)2015 FLAP Accounting Firm. ALL rights reserved.